ベリーダンスユニット「AMERA」やnesma所属のダンサー、その他ベリーダンスに関する情報配信とオリジナルブランドオイルの紹介

ATL日記@ここ最近

Posted on Apr 15, 2020 by Yukimi

Yukimiです。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
世の中、大変な事になってますがこちらジョージア州も規制が強まり、アトランタの繁華な街はリアル ウォーキングデッドです。
(アトランタがロケ地のゾンビドラマ)

お店が空いてないのでもちろん人もいない。
クリニックの帰りに繁華な街を車で通ってみる&ウォーキングデッドの音楽をかけてみたらロケ地に迷い込んだかのような感覚になって思わず事故りそうになりました。
(ドラマではアトランタの繁華な街から人や車がなくなりゾンビだらけになる)

お世話になってるクリニック、歯医者がアトランタまで行かないといけないので若干ヒヤヒヤしますがいつも混んでる高速が(上の写真が高速)スイスイ走るのでちょっとした気晴らしにもなります。

そして、いつもならせっかく遠出したのだから、とクリニックの帰りはランチに繰り出すのですが

お店が空いてないのでファーストフードで持ち帰り→車の中で頂く。
こちらのファーストフードは日本でお馴染みマクドナルド、ウェンディーズ、バーガーキングの他にご当地しかないファーストフードがあります。
その代表的なのが通称チキフィレというジョージア発、チキンバーガーです。

ここの売りはなんといっても魔法のソースといわれるディップ用の①のチックフィレ ソース。
ハッピーターンの粉にも似た中毒性をもつ。

でメニューを調べるとフィッシュバーガーがあったので試してみようと頼んでみた。
2フィッシュバーガーセット。
は?て感じで何回かやりとりしてよくわからなかったのでok〜と言ってしまった。
なんか怪しいかんじがした。中をあけてみると
4ポテトが入っていた。
車の中はポテト祭りである。
オンリーポテトとコーラ。胸焼けが止まらない。そして私の英語も上達しない。
後で調べたら期間限定バーガーだったらしい。
そりゃ無いわな。

帰りに郵便局に行って日本にハガキを出す。
しっかり皆んな2mの距離をとっている。
ハガキなので切手を貼ってもらって終わり、、だろうと思っていた。
しかしタッチパネルで何か質問された。
書いてることが全く理解できない。
リクイッド、パフュームがなんちゃら、、と書いてある。
おばちゃんも同じことを復唱している。yes,noどっちなの?と。
どう考えても液体、香水が入ってるか?みたいな感じだと思うがどうみてもハガキ1枚にそんなおかしな質問はありえない。
おばちゃんにno?とゆだねてみてもわたしはわからないわ!と。
とりあえずnoにした。
で次は追跡をするか?の質問でこれはクリア。
QRコード付きのレシートをもらった。
“次から英語のわかる人、つれてきてね!”と叱られた。くぅーっ、こんなことではくじけないぞ。
そしてあっちにあるポストに投函して、と。

一体どれに投函やねん!泣
おばちゃんが受け取ってくれるんじゃないのかーっ。
4つのうちのどれか。。
カンで左上に投函。とりあえず正解。

こないだ封書を送ったときも変な質問をされた。
この手紙にどれぐらい費やしたか?ときかれ頭の中は想定外の質問にまっちろである。
この手紙にどれぐらい時間をかけたのか?ということをききたいのか?
いや、答えの欄には〜ドル。と書いてあるので
いくらかけたのか?てことなのか?
そんなの紙が数枚、封筒のみなんだから100円もしない。
よくわからなかったので3ドルと書いた。
そして無事に受け取ってくれたが4ヶ月経った今も届いていない。
追跡レシート捨てちゃった。

てことでハガキもまだ着いてないのでQRコードで読み取るも行き着くまでに登録やらなんやらでややこしそうだったので諦めた。
郵便局アレルギー発症しそう。

脱線しましたが近所のスーパーは開いてるもののレジはしっかり2mの距離を保つように線が引かれている。
ツバが飛ばないようにバリケードも。

非常事態宣言がなされた時はスーパーから肉、野菜が消えましたが

今、無いのはトイレットペーパー、マスク、ゴム手袋、除菌系ぐらい。

学校も半年休みになったり、私の旦那もずっと在宅ワーク。
スーパー以外のお店は全て閉まってます。
洋服屋、理髪店など。

そしてこないだ停電を経験した。
調理が全くできないのでスーパーに何か買いに行く→レジが使えなくてクローズ。
ファーストフードに走る→調理できなくてクローズ。
なるほど停電エリアは完全に買えないな、ということで停電エリアでない所まで車で走る(信号機がついてるエリア)
ちなみに停電エリアは信号機も働いていないので皆んな譲りあって順番に右折、左折、発進。
これは皆んな守っていて感心した。

ウォルマートというスーパーのエリアでハンバーガーセットを無事ゲット。
良かった、これで何とかお腹は満たせる…

辺りを見渡すと突然のトルネードで木がなぎ倒され、信号機がブランブランしている。
南のほうのお宅は屋根が飛んだと言っていた。そりゃ停電になるわね。
で道が閉鎖され警察がこっちを通れ、と誘導。
その道が近くなのに知らない道だからこれはマップないと帰れないね、とGoogleマップ立ち上げ家を設定。
しかしずっとグルグルとしている。
あ、まさか停電エリアだからネットが繋がらないのか!
おいおい、まぢかよ〜泣

ハンバーガーのいい匂いが車中にプ~ン。
ポテトをつまみ食いしたいところだがさすがにこの時期に手を洗わず食べるのはまずいだろうと我慢。
住宅街をぐーるぐーる。私の頭もぐーるぐーる。
ここ一体どこなんだ。
とりあえず信号機のエリアにつけばなんとかなるだろうと車を走らせる。
そしたら初めのウォルマートエリアに着いた。
スゴロク罰ゲームか!
と1人でつっこみながら違う道で家路についた。

そういえばカンクンから帰ってきて2週間ひきこもり完全に身体がだーるだる。
またたく間にアレルギーがひどくなったので蘇生術を使って生き返った、、と前のブログで書いたその続きです。

蘇生術、とはズバリ運動です。
これではほんとにイカン!ということでジムに入会。以前に色んなジムの体験に行っていたのだけどここのジム、小さくて地元系だからあまり人がいないしプール、ジャグジーも塩素でなく海水系だから匂いも鼻に残らない。
そして鏡のあるスタジオも人があまり利用してないので自主練が心おきなくできるのである。
しかも月々25ドル。
ひととおり汗をかいたらジャグジーへ。
もちろん水着着用だけど銭湯気分で最高ー!
で、毎日ガシガシ踊っていたら受付の人にあなた、ベリーダンサー?良かったらここで教えてみない?トップに話しておくわね、と仕事の話が舞い込んできました。
わぉーっ、グレイト!と返事したものの働くとなると色々大変だよなぁ、、まず英語できないよなぁ。
ビザは働けるビザだから申請すればいけるんだろうけど確定申告しないといけないし、大変そう。
が何よりも躊躇する理由は気軽にジムに行けなくなる!!
教えてる先生がジャグジーでホコホコしてるなんて私は嫌だ。

このジム通いのおかげでアレルギーは治り、体重も減り、体調がよくなったのだ。
これは無くしたくない。

そんな時、知人から近所にホットワックスというサウナジムができたらしいよ、との情報が。
どれどれ体験に行ってみよう。

ほー、なるほど。アメリカ人が考えつきそうなジム。
何個かの小部屋があり中は低温度サウナで3人ぐらいがヨガマットを広げて入れるスペース。
テレビ画面の先生を見ながらヨガコースやゴムバンドを使った筋トレコース、など部屋によってレッスンが異なっている。
1レッスン30分でそのあとはバイクこぎ15分。
もう汗だくどころか消耗しきって倒れてしまう。しかしその爽快感はたまらない。
24時間営業 予約はアプリで 何人予約してるかわかるので予約されてない部屋を選ぶ。
月60ドル ちょっと高いな。と思いつつ入会してしまった。

主人に2つも入会して何してんねん!と叱られたがここは譲れない。ちゃんと通うのだから。
ということで平日はジャグジーホコホコしにジムへ。週末は消耗しきるためホットワックスへ。をしばらく続けた。
なんとも精神的調子が良い。
ちょっと身体を使いすぎてる疲労感は否めないが毎日のルーティンに板付いてきた。

ところが!このコロナ騒ぎ勃発でもちろん2つとも無期間クローズ。
もうなんてこった!!
おまけにアパートのジムもクローズ。

とりあえずまたぐうたらに戻るのは怖いので部屋で自己練習してます。
ヒーターで部屋を温め、ヒートテック的な服を着てお腹だけ出して1時間も踊るとそれなりに大量の汗をかくのでしばらくこれでしのぐしかない。

とにかくこんな騒動が生きてる間に起こるとは…。
教会英会話もないし友人と遊ぶこともできない。毎日毎日同じルーティンで曜日感覚もなくなってきた。

でも衣食住が整ってるだけ贅沢だな、と感謝しつつ過ごしております。

stay healthy★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Yukimi

オリエンタルダンサー

「Amera」メンバー

名門『D.P.Company』"カリーラ師"に師事。アシスタント卒業後、現在各カルチャース クールやダンススタジオでベリーダンスを指導している。ダイナミックで凄みのある オリエンタルスタイルに定評がある。2006年3月より、各カルチャーでインストラクター就任 。同年8月には単身トルコへ修行に行き、オリエントハウス専属ダンサー"Hale Cakili"に師事する。そして同年12月、独自の世界観を持つトライバルフュージョンデ ュオ『Amera』の活動をスタートさせる。現在、アシスタント育成に励み、イベントや ショウで活動中。

最近の投稿

カテゴリー

投稿者