ベリーダンスユニット「AMERA」やnesma所属のダンサー、その他ベリーダンスに関する情報配信とオリジナルブランドオイルの紹介

ATL日記@食事2

Posted on Apr 19, 2019 by Yukimi

Yukimiです。

前回、アトランタ ピーチツリーシティ市 周辺のアメリカスーパーの紹介と品質について書きました。
オーガニックの物は入手できるとわかったのでUSDAマークつきでなくてもいいから取れたての卵、肉、魚、そしてパンがたべたい(^.^)

ってことでまずは卵から。
アメリカの卵は基本、生で食べれません。
EBマークがついてる卵は生卵で食せるらしいのですが日本人は信じてません。

USDAとEBマークがついていればいいんじゃないかと思うのだけど危険をおかしてまでTKG(卵かけご飯)を食べたいと思わないのです。
このランクになるとワンパック500〜700円ぐらい。
そんな時、日本人が育てた朝取れ卵を宅配してくれる、との情報が。
早速注文。不定期に連絡がくるので毎日ゲットはできませんがそれがまた大事に頂こうと思うのです。
“色んな色の朝取れ卵”

お次はお肉。
こちらでどんなに高級肉を頼んでも霜降り肉は出てきません。肉の脂を楽しむ、のはアジア人ならではなのか。赤肉をひたすら噛みしめるかんじです。
もちろんホルモンなどはありません、焼き鳥のキモ焼きなどは暴れても出てきません。
隣町の肉屋にとても美味しいハムやチーズ、生肉が売ってる!との情報を入手し車で50分。
わかりずらい民家の一画にその肉屋がありました。

ヨーロッパ人が経営してるこのこじんまりした肉屋に入った瞬間、燻製のスモーキーな香りがモア〜ン。香りだけで美味しいとわかります。
ソーセージ、ハム、チョリソー、サラミ、チーズに種類が色々あって違いがわからない。そもそも日本でも好んで食べなかった系なのでとりあえず生の鶏肉、と数種類のチョリソーあたりを購入。
ふーん、と食べてみるとこれは目の覚める美味しさ!ハムってこんなに美味しかったのか、、鶏肉を焼いただけなのにめちゃくちゃジューシー!しかも大量に買って格安!

土曜なんかは日本人客で1時間待ちと聞いたがまぁこれは並んででも買いたいとこだろう。
隣町だけど買いに行くしかない。
ワイン好きにはたまらないだろうなぁ

お次はパン。
こちらのパンは日本のパンとはだいぶ違います。惣菜パンというものがまずない。
多分惣菜パンは日本ならでは?なのかも。
基本、シンプルな”ブレッド”で、味のないマルパンやフランスパンのようなもの。メキシコ人も多いのでタコスにくるむような薄いトルティーヤも沢山売ってます。
これがめちゃマズイんです。
スーパーのパンコーナーといえば角食パンとトルティーヤがズラリと並んでますがギッシリ積み重ねてあって一体いつ作っていつまでもつのか?いつまで置いてるのか?謎だらけのパンでチラッと賞味期限をみたらパンが1ヶ月ほどもつ… 日本人の噂では腐らないパンで買ってはいけないコーナーらしい。

まぁでもトルティーヤぐらいなら…と一応オーガニック記載で値段もそこそこのを買って食べてみたら…ひどいまずさで旦那と悶絶しました。すっぱいしねちょねちょするし。
こりずにフワフワ白パンらしきものも食べてみた。まぁ食べれるし美味しいといえば美味しいのか?舌がバカになったか?…でもこれ1カ月もつんだよなぁ、、。
よく味わってみるとねちょねちょするし、ケミカル風味は否めない。
やっぱりマズイかも。。

渡米必需品の一つにパン焼き機があげられていたがめんどくさい、と持ってこなかったことを少し後悔。
フライパンで焼くパンに挑戦するかなぁと思案していたらこれまた日本人駐在者でパン販売とパン教室をしているとの情報が!
早速車で10分のご自宅に取りに伺う。

注文して食べてみたら生地がめちゃ美味しいーっ!
特にもちもち桜こしあんパンが涙もの。
焼きそばパンやコーンパン。

レッスンではシンプルなパンを習えたので毎日食べでも飽きない主食パンを習得!

お次は魚。
魚に関してはスーパーに売ってはいるけどありきたりの物ばかり。

エビ、サーモン、マグロ、なにかの白身魚はたいていあるんだけど火を必ず通さないといけないしそう美味しくもない。
不思議とカニ足は安くて美味しいのでカニ鍋は集まったときによくするパーティーメニューらしいです。
しかし普段から毎日食べるものでもないし。
やっぱりお刺身たべたいっ
と奥様に相談したら
謎の男性、 ポールさんが場所を変えて不定期に新鮮な魚をひっさけて売りにくるとの情報が(笑)
事前に何の魚が欲しいか報告しておくと持ってきてくれるらしい。
ポールさんが釣りに行ってるのか?どこから持ってきてるのか?は謎だが美味しいし良心的な価格から結構みんな心待ちにしてるらしい。
“こちらで味付けいくらは売ってないけどポールさんがスジコは持ってきてくれるので作れるよ!
無いものは作るんだよ”と先輩奥様に教えてもらいました。サバイバルですね。

とまぁ、アメリカにいながら究極の食材は調達可能ということがわかりました。
あとは自炊を頑張るしかないのです。
そうじゃないとハンバーガーポテト、ジンマシン付きになってしまいます。

次回はアメリカにあるアジアンマーケットについて★
お楽しみに〜

“ATL日記@食事2” への1件のコメント

  1. メグミ より:

    さ、さすがユキミ先生!!
    完璧に料理もこなしてらっしゃる!
    アメリカの食事情、詳しく聞けて面白いです。
    続き楽しみです♪( ´▽`)

メグミ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Yukimi

オリエンタルダンサー

「Amera」メンバー

名門『D.P.Company』"カリーラ師"に師事。アシスタント卒業後、現在各カルチャース クールやダンススタジオでベリーダンスを指導している。ダイナミックで凄みのある オリエンタルスタイルに定評がある。2006年3月より、各カルチャーでインストラクター就任 。同年8月には単身トルコへ修行に行き、オリエントハウス専属ダンサー"Hale Cakili"に師事する。そして同年12月、独自の世界観を持つトライバルフュージョンデ ュオ『Amera』の活動をスタートさせる。現在、アシスタント育成に励み、イベントや ショウで活動中。

最近の投稿

カテゴリー

投稿者