ベリーダンスユニット「AMERA」やnesma所属のダンサー、その他ベリーダンスに関する情報配信とオリジナルブランドオイルの紹介

ATS®︎はFCBD®︎Styleに変わります!

Posted on Mar 6, 2020 by 葉月

こんにちは!葉月です。
昨日、ATS®︎の生みの親Carolena Nericcioより重要なお知らせがありました。

これまでその創設当時からATS®︎、American Tribal Style®︎と呼んできたダンスフォーマットは、

・FatChanceBellyDance®︎Style
・FatChance®︎Style
・FCBD®︎Style

と名称変更されます!

最近、特に様々な国や地域、民族集団にルーツを持つ人々が住むアメリカで、”tribal”という言葉が表す意味を巡ってその使用に不快感や違和感を持つこともあり、そのため言葉の使用と再解釈についての議論が沸き起こっていました。
そして、それはベリーダンス界も例外ではなく、American Tribal Style、Tribal belly danceあるいはTribal Fusionという名称についてもしばらく前から議論されてきました。
tribalという言葉を使わない、tribalの「T」という頭文字を他のふさわしい言葉に置き換える、という動きもダンサーの中に見られ、多くのダンサーがそれに賛同してます。
そんな昨今のトライバル界の動向から、今回のCarolenaの声明の発表となりました。

https://fcbd.com/name-change-statement/fireside-chats/?fbclid=IwAR26nek9KEtJeiXV8fri5IOjBFiv4_QF073sMZzUOmcgKCsOloHbNWUoGlM

 

そしてもう一つ。
これまでFCBD®︎の公認スタジオを表してきたSister/Brother Studio に、新たにPartner Studioという表現が加わりました。
キャロリーナの、男女の性差のどちらにも偏らないというジェンダーニュートラルの考えから追加された表現です。
CarolenaはFCBD®︎Styleを創った当初からこのダンスフォーマットは誰にでも開かれたものであるべき、という考えでしたが、世界中に広まり巨大なコミュニティーとなった今、アメリカのみならず世界の様々な国や地域やコミュニティーで、ジェンダーや人種の問題、あるいは社会背景が原因で全ての人が等しくこのダンスフォーマットを楽しめるわけではない状況が少なからず起こっており、何よりもこのことをCarolena本人が嘆いています。
そんなことから、ともすると性差を限定したように聞こえてしまいがちなSister/Brotherという表現だけでなく、常にニュートラルな立場の表明としてこのPartnerという表現が追加されました。

Partner Studio Announcement

これまでVASARA FCBD®︎ Sister Studioのレッスンも性別、年齢、人種等あらゆるカテゴリーからニュートラルなクラスとして開講しており、これからもその立場は変わることはないので、今回の追加に伴ってVASARA も「VASARA FCBD®︎ Partner Studio」と名称変更して活動していくことにしました。

 

今まで慣れ親しんできたATS®︎という名称ですが、今回のCarolenaの大きな決断に敬意を表して、FatChanceBellyDance®︎Style、FatChance®︎Style、FCBD®︎Styleという新しい名称とともこれからもますますこのダンスフォーマットをたくさんの人たちと楽しんで行きたいと思います!
そして誰にでも開かれたVASARA FCBD®︎ Partner Studioを今後ともどうぞよろしくお願い致します!!

“ATS®︎はFCBD®︎Styleに変わります!” への4件のフィードバック

  1. ユキミ より:

    これからの時代にあわせてベリー業界も変わっていくのかな。
    アメリカ発のトライバルに関しては特に様変わりしていきそう。
    VASARA FCBD®︎ Partner Studioの繁栄を応援しています!

    • 葉月 より:

      ユキミ先生、ありがとうございます!キャロリーナの発表以降、世界中のFCBD®️Styleダンサーの間でいろんな議論が活発に繰り広げられていて、改めてアメリカで生まれたこのダンスの裾野の広さを実感しました。

  2. YOKO より:

    かつては(今も?)Orientalとゆー言葉がアメリカで差別用語とされてたように、Tribalもまた英語圏では違和感があるんやろうね〜
    私としては慣れ親しんできたATSをATSと呼べないのが変な感じです。

    Tribal Fusionの方は一体どうなっていくやろね
    全然ベリーちゃうやん!ってダンサーもたくさん居てて、もう訳のわからない状態、ベリーダンスからの派生ってことも一般の人が聞いたらわからなくなってしまうね

    • 葉月 より:

      ヨウコ先生、そうですね。もはやベリーダンスの原型留めない名称になってきてますね…
      そしてATSを使うか、FCBD styleを使うかによってもそのトゥループの目指す方向性がわかるような、そんな展開になってきている気がします。

葉月 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

葉月

トライバルダンサー

「多伽羅尼」メンバー

2009年ベリーダンスに出会い、オリエンタル、トライバルフュージョンを経て、2010年よりトライバルの基礎であるATS®をYoko師に師事。 年齢を問わず、独自のダンスボキャブラリーで即興群舞を可能にしたATS®の魅力に取り憑かれ、数々のワークショップやレッスンに参加し、研鑽を積む。 2015年アシスタントチーム『多伽羅尼』に加入し、様々なイベント・ショーに出演。 2016年7月、FatChanceBellyDance®のGeneral Skill及びTeacher Trainingを修了し、TeacherCertificationを取得。FCBD® Sister Studio登録。 年齢、国籍、性別を越えたボーダーレスで、即興群舞の魅力に満ちたATS®のさらなる波及を目指す。

最近の投稿

カテゴリー

投稿者